個人投資家の起業/個人投資家として起業する際の注意点

日本は、個人の所得税が高いといわれています。4000万円以上になると、課税される所得税率は45%。この高い税率を避けるために、個人の高い税率の所得税から法人の低い所得税へと移行する手段として、個人投資家が資産運用会社を設立する動きがみられます。個人投資家が資産運用会社を設立する際のメリット、デメリットについて解説します。 1. 個人投資家とは 個人投資家が売買する投資商品には、株式や債券、FX、商

こちらは会員限定記事です。
既に会員の方はログインしてください。新規会員の方は以下から登録できます。

ログイン
   
新規会員登録
*必須項目