仕訳と勘定科目/基本的な勘定科目を解説

今回は、企業活動を行っていくうえで欠かせない簿記についてご紹介します。   簿記は経理の基本となる業務で、その簿記には仕訳といった作業があります。仕訳とは取引を借方と貸方に分けて記録する作業のこと、勘定科目とはその仕訳を行う際に使う分類項目のことです。   こちらの記事では、簿記の種類やそれぞれのメリット・デメリット、仕訳と決算書類の関係性、そして勘定科目について解説します。

こちらは会員限定記事です。
既に会員の方はログインしてください。新規会員の方は以下から登録できます。

ログイン
   
新規会員登録
*必須項目