発起人とは/会社設立後のことも考える必要あり

株式会社を設立する際、その中心人物として動く人を発起人(ほっきにん)といいます。つまりあなたが会社を作ろうとする場合、通常はあなたが発起人になります。発起人は会社設立における重要な権限と責務を負うため、もしいい加減な設立行為を許せば、株主や債権者など多くの関係人に不利益が及ぶでしょう。そこで、会社法では、そのような被害を未然に防ぐため、発起人の権限や責任範囲を明確かつ厳格に規定しています。以下、発

こちらは会員限定記事です。
既に会員の方はログインしてください。新規会員の方は以下から登録できます。

ログイン
   
新規会員登録
*必須項目