一括償却の使い方/少額減価償却資産の特例についても解説

資産価値が使用年数と共に低下する10万円以上の固定資産は減価償却の適用対象となりますが、一括償却で会計処理をしたほうが節税になる場合があります。また、一度に全額を損金化できる少額減価償却資産の特例もあるので、最も節税効果が高い方法を選ぶことが大切です。   今回は、一括償却のメリット、減価償却や少額減価償却資産の特例との違いなど「一括償却の使い方」についてわかりやすく解説します。 &nb

こちらは会員限定記事です。
既に会員の方はログインしてください。新規会員の方は以下から登録できます。

ログイン
   
新規会員登録
*必須項目