借方と貸方/仕訳の基本を簡単に解説

仕訳とは取引を「借方」と「貸方」に分けて帳簿に記載すること。聞きなれない言葉が出てくるせいか敬遠しがちですが、仕訳は経理の基礎。要とも言える部分なので、事業を営むのであれば最低限の知識をつけておくべきです。   取引の内容を2つの側面から捉える仕訳をマスターすれば、賃借対照表と損益計算書が示す意味を理解しやすくなりますよ。   今回は、仕訳の基本を簡単に分かりやすく解説します。

こちらは会員限定記事です。
既に会員の方はログインしてください。新規会員の方は以下から登録できます。

ログイン
   
新規会員登録
*必須項目