現金出納帳の作成/基本的な書き方を解説

現金出納帳は会計帳簿の1つで、日々の現金の出入りを記録する帳簿です。家計簿と似たものと考えればいいでしょう。会計帳簿については、会社法で株式会社に適時の作成義務が課されています(会社法第432条)。また、法人税法上も青色申告法人にはやはり仕訳帳と総勘定元帳につき作成義務が規定されています(法人税法施行規則第54条、同第55条)。 では、そもそも現金出納帳は会計帳簿の中のどのようなもので、どうやって

こちらは会員限定記事です。
既に会員の方はログインしてください。新規会員の方は以下から登録できます。

ログイン
   
新規会員登録
*必須項目